【雑感】33回忌に想う

先日、故郷函館で父親の33回忌を行いました。お寺で、高齢となった母親と兄夫婦と、そして妻と一緒にお参りをしました。その後は、五稜郭タワーの中にある和食レストランで会食。亡き父を偲びました。

父親が亡くなった年齢は69歳。総胆管ガンでした。その年齢まであと9年。

その9年間で一体私は何ができるのだろうかと考えます。のんびりと過ごすことも一つの道。

9年間で何ができるだろうか、と思います。しかし、私の心の中では「何事かをしたい」という思いが渦巻いています。

昔から、父親の亡くなった年齢まで生きられるといいなと思ってきました。もし、私が69歳以降まで生きられるとしたら、それは神様が下さったプレゼントなのだと思います。

9年間は、悔いを残さず前向きに生きたい。そんなことを心に誓った33回忌でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です