【日々の動き】企業訪問

今日の午前中、真籠社長(中央コンピューターサービス)さんに会いに中標津にある本社を訪問してきました。お忙しい中、歓迎してくれました。

真籠社長さんは以前別海町の教育長さんでした。その関係から親しくさせてもらっています。

話はやはりこれからの教育におけるIT化の大切さやプログラミング教育に関する話題でした。

子どもたちの学力向上はもとより、これからの情報社会にとってプログラミングなどの基礎的なスキルや思考法を身に付けておくことはとても大切になるのではないかということです。当然、教育クラウドの進展は、学力向上に寄与することは間違いありません。

学校現場のハード面、ソフト面などの整備が急がれます。あまりにも北海道の学校教育現場は立ち遅れているのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です