【雑感】ブランディング

お盆に上の娘が帰ってきました。

焼き肉をしたり、中標津のお祭りを見に行ったりと楽しく過ごしました。

たった一日で娘は、次の日知床(斜里側)を観光してから会社のある帯広まで戻るということになりました。

あいにく中標津は曇り空。

ところが知床は奇跡的に青空です。

Lineで知床の風景の素晴らしさを伝えてきます。

「何をそんなに感動しているんだ」と思いつつ、娘が送ってくる写真を見ると「美しい!」のです。

 

「ブランディング」

娘がその風景の美しさを伝え、もっともっと「ひがし北海道」に人が来てもいいとインスタやFBで発信していました。その発信の文章の中に「ブランディング」という言葉がありました。

佐藤圭一氏によるとブランディングとは「モノに独自の価値やイメージを付け、それをカタチにする。そして伝える」という一連の活動のことを言うのだそうです。

なるほどなと思いました。特に「カタチにして、伝える」ということが「ひがし北海道」は弱いのかもしれません。

学校もブランディングという観点から見直してみたら面白いだろうなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です