【雑感】小学生の暴力行為は増加しています

平成30年2月23日に文部科学省から「平成28年度児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」(確定値)が発表されています。

子どもたちの暴力行為・いじめ・不登校等の現状について公表しています。

今回は、その中の暴力行為(対教師・対子ども間・対他人・器物損壊)はどうなっているのかを調べてみました。

私のイメージは、かつてのような校内暴力等の話を聞くことはなくなりましたので、当然減少していると考えていました。

しかし、この調査結果(1000人当たりの発生率)を見るとそんなことはありません。

確かに中学校、高校は減りました。

しかし、小学校では暴力行為が増加していることがわかります。

それも近年激増していると感じです。

これはどうしてなのでしょうか。

考えてみなければならない教育の課題です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です