【雑感】自分は見えているのか

You Tubeで全国一を決める剣道の試合を見たことがある。赤と白に分かれて決勝戦。お互いなかなか技を出せない。にらみ合いが続いたその一瞬、赤が打ち込む。待っていたとばかりに白も打ち込む。その打ち合いの終わった瞬間、審判が旗を揚げる。どれも赤だ。剣道を全くやったことのない私にはまったくわからない。技が決まった瞬間が見えない。YouTubeなので、スローで流れる。超スローだ。超スローで見ると、ほんのわずかだが、赤が先に決まっている。審判の旗の通りなのだ。

空手の試合もYouTubeでよく見る。これもまたどちらが勝ったのかは、私にはわからない。しかし、審判には見えている。相撲の解説者が、試合を振り返って勝負どころを説明する。なるほどと思う。

他人は、自分と同じ見え方をしていると思い込んでいる。しかし、それは間違っている。見え方は人さまざまである。私には、見えていないことが見えている人も存在する。なぜ、私には見えていないことが見える人がいるのか。もともとそのような才能を持った人もいるのだろう。しかし、大方は素人か玄人の違い、つまり熟達の違いである。素人には見えないことが、玄人には見える。そういったことである。

剣道の試合、素人が何人集まっても、どちらが勝ったのかはわからない。玄人である審判だからわかる。見える。素人がたくさん集まって、話し合ったところで勝負を決することはできない。しかし、たった一人の上級者、高段者がいれば、勝ち負けがわかり、なおかつ適切な解説をしてくれる。

こうした世界は、スポーツの世界だけの話だろうか。そんなことはない。ありとあらゆることにおいて、修練を積んだ者には見えるが、何も努力してこなかった者には何も見えないということだ。これは教育の世界でも同じだ。授業の見える人と見えない人がいる。子どもの見える人と見えない人がいる。それは、教師の世界もまた初心者の教師と優れた教師がいるのだから、ごく当たり前のことである。それならば、自分には見えているのか。見えていると錯覚しているのではないか。そんなことを考えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です