【日々の動き】10月17日教科書とプログラミング教育

出張で帯広へ。研修会講師。

教科書とプログラミング教育について30分間話をする。

話したポイントは3点。

一つ目は学校・教師には教科書使用義務があり、教科書は現場において極めて重要だということ。教科書を無視した教育はあり得ないということ。

2つ目は、それぞれの学校ではどの会社の教科書を使用しているのかが問われるということ。9月末には北海道教育委員会のサイトに教科書採択一覧が掲載されており、それぞれの地区でどの会社の教科書を採択したかがわかるので要確認のこと。

3つ目は、教科書によってプログラミング教育の学習方法には違いがあるので、教科書の特色を知っておくことは大事だということ。

このような話を実際に体験してもらいながら話をした。好評のうちに終わったので一安心。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です