【日々の動き】オンライン学習は「定時」「短時間」「シンプル」に!

Zoomを使って、3日間オンライン学習を行いました。
一回30分間です。
できるだけ短くすることで、子供たちの集中力が途絶えないようにしました。

協力してくれたのは、4名の男子。小学3年生が2名。
5年生と6年生が一人ずつ。
兄弟が二組。違う小学校の子供たち。
私の家とそれぞれの家庭をつなぎます。

午前10時から10時半までの30分間。
定時に始めることで子供の生活リズムをつくることが一つのねらいでもありました。

オンラインでやる内容は、できるだけシンプルであることを心がけました。

子供とつながったら画面の確認。
zoomにはスピーカービュー(話し手一人が大きく画面に映る)とギャラリービュー(参加者全員が並んで映る)というのがあります。
今回は、参加者が少人数ということもありギャラリービューです。
そして、チャットの画面も立ち上げてもらいます。

それぞれが違った画面を見ていることに気が付かないと、授業途中でトラブルの原因になります。
画面構成をそろえておくというのは大切なのではと考えています。

そして、あいさつ。
画面を通して見る顔は自分が考えている以上に無表情になりやすいのでできるだけ明るく笑顔でを心がけます。

あいさつをしたら出席をとります。
PowerPointで作成した名簿を画面共有しながら一人一人の名前を呼びます。
きちんと自分の名前が表示されて、なおかつ名前を呼んでもらうということは、子供にしたら心地よいのではと考えます。

この時に音量の確認。
子供の声がきちんと聞こえてこないようだったら、音量の調整を指示します。

朝の会。
昨日は、一人のお母さんがたまたま撮ってくれたカエルの卵の画像を見せながら、クイズ形式で子供たちと雑談みたいなやりとり。
「これは何?」
「カエルの卵!」
「えっ、どうしてカエルの卵だとわかるの?犬の卵かもしれないでしょ(笑)」
「犬は、卵からは産まれないよ!」
「えっ、それじゃカエルの卵だって証明できるの?」
「見ていると、わかるよ!」
「そうだね。それを観察というの。この卵を採ってきて、観察してみるといいかもね」
そんなやりとりをして朝の会は終了。

各自15分間の学校から出されている課題に取り組みます。
途中、zoomのチャット機能を使って励ましの言葉を送信。

最後は、みんなが真剣に取り組んでくれたことを認め、ほめて終了。
ほめるのは言葉だけでなく、zoomの「反応」機能の「拍手」を送ります。(facebookでいうと「いいね」みたいなもの)

たった30分間のオンライン学習ですが、予想以上に子供たちには大好評でした。
この学習をきっかけにして、自分でワークをやったり、池に行ってさまざまな生き物を観察したりしています。

子供や家庭を孤立させない、という観点でオンライン学習に挑戦してみました。
「定時」「短時間」「シンプル」であれば、子供たちともつながりやすくなるということを実感しました。

【日々の動き】オンライン学習は「定時」「短時間」「シンプル」に!” に対して1件のコメントがあります。

  1. office-aosaka より:

    コロナ休暇再び。

    わんぱく息子たちとの日々に刺激と母を助けて欲しい!さらに学びのチャンスになるのでは!!と、青坂 信司先生に協力をお願いし、試験的にリモート青坂塾を開いていただくことにしました。

    他のご家庭の息子さん2人とうちの息子2人の小学生が、10時から10時30分までの30分間、zoomで集います。
    出席をとり、朝の会をして、宿題などのプリントに取り組んでいます。

    初日、青坂先生が朝の会で話題にしてくれたのは、川北きつつきの森で見つけたカエルの卵。
    写真を見せて子どもたちとやりとりします。
    三男は、隠れたり、変な顔をしたり、カメラで違う場所を写したり。私が担任の先生なら、やる気がないなら、でていきなさい!!と激怒しているところ。
    ちゃんとして!恥ずかしい!!先生、ごめんなさい!!!いろんな気持ちを抑えつつ、見守りました。
    さすが青坂先生。にこやかに和やかに子どもたちを惹きつけていきます。

    自学に取り組む時間も、あと8分!頑張れ!!とチャットで声かけ。
    次男は、はい!と即チャット返し。三男も、負けずに文字を打ち込んでおりました。

    先生が子どもたちと話していて出た疑問、
    おたまじゃくしの足は、どこからでてくるのか?
    どうしたらわかるかな?

    次男は、zoomを終えてから、検索を始めました。
    そして、そのことが書いてあったものをプリントアウト。
    私は、いままで、気持ち悪いとむしろ避けてきたおたまじゃくしに興味が湧きました。
    足が出るところを見てみたい。卵を見つけに行こう!
    次男は、気持ち悪いから飼いたくない。見つけにも行かないと断られ、ガッカリ。

    三男がついてきてくれました。
    丸山公園へ行き、小川を歩いたけれど、それらしきものは見つからず。小魚を見つけて大興奮。
    思いの外寒くて即撤収でした。

    前回のコロナ休暇も、子どもたちが家で一日中過ごす日々が続くことは、お互いにストレスになっていくことを感じていました。

    不安なときにそばにいられることは、幸せなことなのですが、あれしたの!これするな!片付けて!喧嘩しないで!みているからこそ気になって、干渉し過ぎて、イライラしてしまう自分がいます。
    そんな自分に自己嫌悪なお母さんもいるのではないかと感じます。
    虐待が増えるそんなニュースも心境としてわかります。

    また、学校が休みになる。

    命を守るための懸命な手段と分かりつつ、不安も大きかったです。
    終わりの見えない状況の中、学校に行けないことは、学習面でも、生活面でも心配でした。家庭だけでそれを補えるだろうか、母親だけでは、それは無理。
    子育てにたくさんの方が関わった方がよいというのは、3人の子育てを通して強く感じてきた思いです。

    いろんなことが規制されている中、オンラインで繋がってコミニケーションをとれる技を身につけたおかげで私自身が励まされ、癒され、勇気づけられました。

    気軽に学ぶ機会にもなり、これから学校での学び方も変わっていくのだろうと感じています。

    息子たちの学校ではまだ双方向のオンライン活動の予定はないようですが、いま、私ができることは、我が家でも、その使い方に慣れて、リスクも含めて、利用方法を知っておくことかなと思います。

    おにぎりキャラバンオンライン、ふっちゃんとのコーチング講座とzoomを使った取り組みに子どもたちも参加したのですが、驚くのは、息子たちの飲み込みの早さ。
    三男も恥ずかしがり、ふざけながらも、楽しい!またやりたい!とのこと。

    今回は、実際に会ったことのある人たちと繋がっての取り組み。親しみあるお顔が見られて、私も息子たちもより一層楽しんでいます。少人数なのも安心感なのかも。

    長くなりました。
    翌日の取り組みまた綴ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です