【校長会誌】「私がやらずに誰がやる」

【解説】平成31年4月4日記

私にはリーダー性がない。今回紹介しているような統率する観念に不足している。ある意味、不足しているから常にリーダー性とか統率ということに憧れるのかもしれない。

そんな私が校長として常に意識していたのは、危機における校長としての振る舞い方である。普段はぼっーとしていても、ひとたび危機に直面したら辞表を覚悟で物事に処していたということはあった。しかし、小心者の私のことなので、夜は眠れず、いつもざわざわとした嫌な感覚はあった。それとの戦いの日日が校長時代であったのかもしれない。

※初出 平成22年 校長会誌

「統率力」という言葉がある。あらゆる組織のリーダーには統率力が要求されている。とりわけ組織が危機に直面したとき、リーダーには統率力が必要である。

統率力は、一般の社会ばかりでなく、教師にとっても必要な能力の一つとなっている。例えば、東京都教育委員会は教師の授業力構成要素の六つの中の一つとして統率力の必要性を取り上げるほどである。教師として身に付けるべき大切な力、それが統率力である。統率力という観点でリーダーのあり方を考えた時、求められることとは何か。

佐々淳行氏は、東大安田講堂事件、あさま山荘事件等に対処し、初代内閣安全保障室長をつとめた危機管理の第一人者である。佐々氏は、危機管理に際してリーダーが取るべき態度の一つとして「私がやらずに誰がやる」という精神が必要だと説く。仕事のできる人間には間違いなく「私がやらずに誰がやる」精神があり、身を持って行動する。「私がやらずに誰がやる」精神とは、人任せにしないということである。

決断すべきときに、自分が決断せず、他の人に決断させる人間には人の上に立つ資格はない。決断することから逃げるということは、何か失敗したときに、責任は自分にはないということを言っているのと同じである。

責任観念とは「私がやらずに誰がやる」という精神である。人を統率するためには、この責任観念が必要であり、責任観念のない人間に誰も従うことはない。東日本大震災以来、リーダーには、この責任観念が極めて重要となっている。私にとって肝に銘じておきたい言葉である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です