【教育情報】「新時代の学びを支える先端技術活用推進方策(最終まとめ)」

「新時代の学びを支える先端技術活用推進方策(最終まとめ)」(←クリック)文部科学省が6月25日に公表した最終まとめです。この最終まとめにおけるキーワードの一つは「個別最適化された学び」です。

日本がこれから急速な少子化をむかえる中で必要とされるのは、一人一人の価値創出力を高めることです。そのために先端技術を活用した「誰一人取り残すことのない、公正に個別最適化された学び」の実現を目指しています。

また、「新時代に求められる教育の在り方」や「教育現場でICT環境を基盤とした先端技術や教育ビッグデータを活用する意義と課題について」整理されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です