【集団思考論】第13回 意識と行動のズレ

いじめは悪い。

万引きも悪い。

しかし、そうは思っていても時に子どもたちはいじめをする。

万引きをしてしまうこともある。

いじめをした子に「いじめについてどう思いますか」と聞けば、大方の子は「悪いです」という。

多くの間違いや失敗は「やってはいけないと思っていたのに、ついついやってしまいました」という感覚から起きることがある。

「わかっちゃいるけどやめられない」というやつである。

意識と行動にはズレ、ギャップがある。

それは子供だけでなく、大人でさえそうだ。

その意識と行動のズレ、ギャップを無くすことはできない。

いかに最小のものとしていくのか。

それを集団思考という観点から考えてみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。